水草の保存方法 陽性水草

こんにちは、ミトコンです。
皆さんは、アクアリウムで水槽をリセットした際に余った水草を捨てていませんか?
また、水草を保存したいけど、スペースが無いなど保存方法に困ったりしていませんか?
今回は、陽性水草をメインに水草の保存方法について紹介したいと思います。

用意するもの

用意するものを下にリストにしました。

  1. 保存したい水草
  2. 瓶などの容器(蓋付)
  3. ソイル(使い古しの物で大丈夫です)
  4. 大きいスポイト
  5. メラミンスポンジ
  6. ピンセット
  7. 洗瓶(無くても大丈夫です)
  8. ライトまたは日の当たる場所

8のライトまたは日の当たる場所は要注意で直射日光ではすぐにコケてしまったり、熱により枯れてしまうので注意が必要です。

保存方法

瓶にソイルを5cmほど敷きます

ソイルを敷いたら、水を瓶の7割ほど入れます

水を注水したら、ピンセットで植栽して行きましょう。

植栽が完了したら、蓋をして瓶を光の当たる場所に置きましょう

1週間ほど放置したら、コケが生えてきます。
まず、大型のスポイトを使って、水を抜きましょう。この時、ソイルが少し露出するくらいで大丈夫です。


メラミンスポンジとピンセットを使って、壁面を擦りましょう。

こすり終わったら、洗瓶(水道でも可)で壁面の横れを流します

掃除が終わったら、水草が出るか出ないか位まで水を入れましょう

そして、次は水上葉が出るまで定期的に掃除をしながら光の当たる場所に放置します
水上葉が出ない水草もあるので、その場合は根が張って成長速度が早くなったらで大丈夫です!

水上葉が出始めたら、ゆっくりと水位を下げて行きましょう

1週間に1/5ずつ減らしていくと良いと思います。

5週間後に水がソイルをを下回ったら、完成です

完成したら、枯れないように光を当てて放置で大丈夫です!
瓶の中の温度には気をつけてください!

これは、ミリオフィラムエラチノイデスですが、実際に保存してた瓶から取ってきて植栽したものになります。(一番上の画像の左の手前)

今回の内容が皆さんの水草の保存の助けになれば幸いです。
綺麗なレイアウトを作って行きましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA