貝塚人工島にカレイを狙いに行ってきました

10月も後半になり、寒い日が続いています。

朝方にもなると気温が一桁代まで下がっているのでは?と思うほどです。

ということでそろそろ、カレイも釣れ出すのではないかと思い

有名ポイントである、貝塚人工島の水路にカレイ調査に行って来ました!

釣行場所

今回の釣行場所は、

貝塚人工島の水路の中でも南側の橋の外側の方に

釣り座を構えました。

航空写真内の赤丸の位置

準備

カレイを釣るために用意した、餌はアオイソメ1000円分とマムシ1500円分です。

本当のところ、餌取りように塩マムシを500円分ほど用意したかったのですが

売っていなかったので諦めました。

今回は彼女もカレイを狙う予定なので、

私の投げ釣りセット2本と彼女のカレイセット
(シーバスタックルとショアジギングタックルで代用)を用意しました。

仕掛けは、カレイ用の仕掛けを自作しました。

いつもカレイ鉤の12~13号あたりを使用しますが、

口が小さい魚もまだいるだろうと思い、

今回はカレイ鉤の9号で仕掛けを自作しました。

釣行開始

朝の5時前に釣り場に到着し、

釣りの準備ができたのが5時半ごろ、

まだ周囲も暗く、カレイが釣れるにはまだ早かったので、

上の鉤にマムシ、下の鉤にアオイソメを1本つけ、

投げ入れます。

周囲が明るくならだした頃、

1投目の竿に当たりが出ました!

少し様子を見て合わせると、

乗りました!

しかし、そこまで重たくありません、、、

ゆっくり回収すると、

上がって来たのは16cmのハゼでした。

餌を付け替えようと思い、2投目の竿を回収すると、

魚がついてる予感、

回収してみると、

チャリコ(鯛の小さいの)とキスのダブル!

もしかしたら、今日、めっちゃ釣れるかもしれない!

すると彼女の竿に激しい当たりが!

その直後、もう一本の竿にもあたりでます。

先に当たりが出た竿を回収すると、

フグが釣れました。

これは悪い予感がします。

もう一方の竿を回収しようとすると、

重たい感じが!まさかカレイ?

上がって来たのは、横に長い魚?

いえ、ワタリガニでした。

その後、完全に日が上り

フグの猛攻に合います。

9時半ごろエサがとうとう尽きてしまい、

ストップフィッシングとしました。

今回少し、気づいたことがあり、

全体的にフグが痩せているような気がしました。

かなりの数いたので、今年はフグに大部と苦労するかもしれません!

料理

今回釣れたキスとハゼは天ぷらと骨せんべいにし、

ワタリガニは味噌汁になりました!

とても美味しかったです!

次回予告

次回は、深日港にカレイ調査をしに行こうと思います。

昨シーズン4回ほどカレイ狙いで釣行に行き、1匹しか釣れなかったので、

なんとか1匹釣り上げたいと思います。

釣行日のデータ

釣行日:10月30日

天気:晴れ

潮:中潮

気温:最高19℃ 最低11℃

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA