【投げ釣り】煙樹ヶ浜でエビを投げてみました

お久しぶりです。

ミトコンです。

前回の釣行後仕事が忙しくなり、1年ほどブログをサボってしまいました

申し訳ありません。

時間が空いたので、ブログ名とアイコンを変更しました。

さて久しぶりの更新になるのですが、今回は遠征回になります。

釣行場所

場所は、和歌山県中紀に位置する。

超有名ポイントの煙樹ヶ浜へ遠征に行きました。

釣り場に行く際に、釣具屋に行ったのですが、
カレイシーズンの到来のせいか、マムシが売り切れていました。

そのため今回の釣行は冷凍のエビのみで挑むことに、、、

有名ポイントだけにマムシが持って行けなかったのは残念です。

準備

釣り場に到着したのは、午前0時頃、

彼女のカゴ釣りの準備やサポートをしながら、

投げ竿2本分の仕掛けを用意し

仕掛けは自作のもの(長さ170cm、チモトに夜光玉をつけています)

午前2時半ごろに仕掛けを投げ入れることができました。

釣行開始

仕掛けを準備している段階で、彼女のカゴ釣りに当たりがあり、
やり取りをして上がってきたのは23cmほどのアジ!

初めてのカゴ釣りにしては上出来すぎる釣果!

アジを針から外しながら、投げ竿の方を確認すると、、、

竿先が揺れているじゃありませんか!

鈴が鳴っていなかったので(マジで焦りました)←地面に鈴が落ちていました

竿まで 走って、合わせると一瞬軽くなります。

あれ、バレた

その時、ググッと魚の引きが来たので、安心しました。

煙樹ヶ浜は波打ち際の波が高く、引き波の際に魚に一気に走られることがあるので
慎重にやり取りします。

重たさを感じながら、寄せ波に乗せ魚を上げますが、

波打ち際で鉤が外れてしまいました!

まだ間に合うと思い、急ぎ回収すると

32cmのキビレでした!

その後、彼女がカゴ釣りで謎の魚(クロオビマツカサ?)を釣りました。

それからは、当たりが無くなり、ストップフィッシングとしました。

今回、4人での釣行で、アジが8匹、へダイが2匹、キビレが1匹の釣果になりました。

次回予告

次回は、釣ったアジ、キビレ、へダイを使った料理についての記事になります。

もうしばらくお待ちください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA