油断していると当たります!【投げ釣り】

どうもミトコンです。

鮎釣りのシーズンが終了し、海釣りの回数も徐々に増えて来ました。

今回は、加太に赤いお高い魚を狙いに行った際に、あるある的なことが起きたので

そのことについて書こうと思います。

YouTubeにて動画をアップしているのでよければ見てください!

準備

赤いお高い魚を狙うため、今回は投げ釣りに行います。

用意したタックルは、ドラグ付きの投げ用リールと竿を2本ずつ。

そして、大キス用の仕掛けです。

今回、使用した仕掛けはこちら

 

また、入ったポイントは下に記載しますが、青物も回ってくるので

ショアジギングのセットも持っていきました。

今回、購入した餌はマムシ

大型の魚を釣るときに必携の餌になります。

釣り場到着!

夜中の2時半に釣り場到着!

今回は、加太の小波止の外向きに釣り座を構えました。

ここ数年、釣り人の数も急増し、さらに太刀魚人気が凄いので

釣り座を確保するのが本当に大変です。

本当は、水深があり潮通しが良いところに釣り座を構えたかったのですが、

基本的に太刀魚と青物のポイントと被ってしまうため、

仕方なく、この場所に釣り座を構えました。

当日の潮回りはこんな感じ、

4時ごろから潮が動き始めるので、その辺りが狙い目です。

仕掛けを110mほど投げ海底を探ると、

90m付近で重みを感じたので、仕掛けをそこに置いておくことにしました。

1時間ほど当たりが無く、上がってくるのは海藻ばかり、

近投している方も海藻ばかり上がってきます。

海藻があちこちに点在しているようです。

2時間ほど当たりがなく、4時半になりそろそろ来るだろうと思っていたら、

案の定当たりました。

引きがあまりなく、また長いアイツかと思い抜きあげると

上がって来たのは30cmくらいのアナゴ

予想通りでした。

鈎を飲まれていたので、お持ち帰りすることに

その後、催して来たのでトイレ休憩に向かうことに

この行動が最大の後悔を生みました、、、

トイレから帰ってくると、同行者が大きな当たりあったでと、

帰ってから撮影していた動画を確認すると、

ドラグが軽く出される大きな当たりが!
(YouTubeに様子をアップしているので是非見てください)

惜しいことをしました。

そして朝を迎え、餌取りも増え餌が無くなりました。

ショアジギングをするも豪雨に襲われ、

泣く泣く釣りを終了しました。

当たりを出した魚は、いったい何だったのでしょう?

私の見解的には、鯛系の魚大型のキスかな?と思っています。

次回、早速リベンジに行ったのですが、事件が発生したので、

その様子をお送りしたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA